« おいしい、仲間。 | トップページ | 誕生日あれこれ(其ノ壱) »

日々是精進だぁ

手話講習会でのこと。

先週から「ビデオを見ながら同時にしゃべる」という練習が始まった。
いままではずっと、誰かが話しているのを聞いて、それを手話で表す、というのを練習していた。
今回はその逆で、ビデオでろう者が手話で話しているのを見ながら、声を出して訳していく。

初見で読み取るのはもちろんまだまだムリなので、二回ほど見てから、いよいよ順番に通訳もどきをしていく。
他のクラスメートが訳している時は、自分も一緒にモゴモゴと口を動かしているわけだが、いざ自分の番になってみると、ひょえ~、ことばが出てこないっ!

他人が話している「ことば」を通訳するという点では、おそらく外国語の同時通訳と同じなのだが、決定的な違いは、手話が「視覚的な言語である」ということだ。
耳から入ってくる外国語の場合、ことばは一本の線上に並んでいるため、それを順番に翻訳していく(もちろん、倒置なんかは必要でしょうけど)。
しかし、手話の場合は、両手・表情・表現の強弱などで、同時にいくつものことを伝えることができるため、それを一本の線上にあることばとして置き換えていく必要がある。

たとえば前回は、「傘を差す」と「自転車を運転する」という動作を同時に表しているのを見て、それを瞬時に「自転車の傘差し運転」と置き換える、といった練習もした。
慣れていない私たちは、もちろんちょっと考えてからでないとできない。

ご存知のとおり、人間の目はものすごく優秀なうえ、実際に目で見ているものだけでなく、今までの経験から、脳が「足りないはずのもの」を補ってくれるんだそうな。
それに加えて、同時にいくつものことを表現できてしまうわけだから、つまり、見たものをものすごいスピードで咀嚼し、日本語として成り立たせなければいけないのだ。

はぁぁぁ。手話通訳士への道のりは遠い…。
そして他にも、ある通訳士への挑戦が待っている…。

書いていたら疲れちゃった。
これにてご免仕る。

|
|

« おいしい、仲間。 | トップページ | 誕生日あれこれ(其ノ壱) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222126/17833779

この記事へのトラックバック一覧です: 日々是精進だぁ:

« おいしい、仲間。 | トップページ | 誕生日あれこれ(其ノ壱) »